グリストラップとは

画像

グリストラップとは、厨房の排水に含まれる生ごみや油脂が、直接下水に流れていかないように、一時的に溜めておく、油水分離阻集器のことです。
建設省告示(改正1976年)を筆頭に各関係省庁により、厨房設備のある施設や飲食店などには、グリストラップの設置が義務付けられています。

グリストラップは、入口のバスケットに残飯や野菜くずなどを留め、油脂分のみを表面に溜める働きがあります。
グリストラップには、定期的な清掃が不可欠で、放置しておくと、悪臭や害虫の発生、排水の逆流など、さまざまな問題が生じます。
設置すべきグリストラップの構造、技術基準はHASS217(空気和・衛生工学会規格)に規定されています。

グリストラップの問題点

画像

悪臭・浮遊菌・害虫などの発生の原因に

排水に混ざる油脂分がグリストラップ内で溜まり、放っておくと、
固形化され歯石状態に塊ってしまい、悪臭の原因かつ、浮遊菌の
発生及び、ゴキブリ等害虫発生の原因になります。
清掃が行き届かないと、配管内で油脂が固まり、グリストラップ
に繋がる側溝にオーバーフローさせるなどの問題も発生します。

画像

定期清掃ができない

バスケットのゴミは毎日、表面の油脂はこまめに回収。そのほか、
沈殿物の掃除など、グリスラップ内の清掃は、1週間から最低でも
1か月に1度は必要になります。
定期的な清掃が欠かせないグリストラップですが、多くの施設や
事業所において、厨房という常に忙しい現場で、なかなか掃除の
時間がとれないというのが現状のようです。
また、グリストラップが深い場所に設置されていて、清掃が儘な
らず、ついつい放置してしまうなど、対策が遅れがちです。

グリストラップ清掃の改善装置「E-OZONE」で、環境問題及び衛生問題の糸口を

グリストラップ清掃の改善装置「E-OZONE」

近年重要視されている環境及び衛生問題への対策の一環として、厨房排水施設の一つであるグリストラップ清掃の改善装置『E-OZON』の設置を皆様へご提案させていただいております。

皆様の厨房施設(保育園・老人ホーム・病院など)において、環境問題のみならず、清潔な環境を維持できるよう、ぜひ『E-OZON』の導入をご検討いただければと考えております。

E-OZONE  製品案内

E-OZONE  導入事例

このページの先頭へ